脱毛前後の保湿ケア方法

hoshitsu

カミソリや除毛クリームなどで自己処理をした後、肌がガサガサになったり、赤みが強く出たことがありませんか?エステサロンの脱毛はお肌への負担が少なくトラブルが起こりにくいのですが、脱毛後の過ごし方に気をつけないと赤みや痒みがでることがあります。

赤みや乾燥などを防ぐには、脱毛前後の保湿ケアが重要になってきます。では肌トラブルを防ぐためには、どのようなケアをしたら良いのでしょうか。誰でも簡単にできる保湿ケア方法をご紹介します。

脱毛前の保湿が重要

サロンの光脱毛やクリニックのレーザー脱毛を受けると、1~2週間程度で自然と毛が抜け落ちるようになります。このときお肌がしっとりしていると毛が抜けやすくなります。乾燥したお肌は固くゴワゴワとしており、毛穴が開きにくくなります。保湿をして肌を柔らかくしておけば、毛が抜け落ちやすくなって脱毛効果が高まります。

また、しっかりと保湿をしておけば痛みを軽減する働きもあります。光脱毛やレーザー脱毛は毛根にダメージを与えるため、脱毛時に若干痛みが伴います。しかし、保湿をする事で痛みが軽減されるのです。痛みが強いと出力を思うように出せず脱毛効果が減少しますが、痛くなければ出力を強くすることができ、脱毛効果がより一層高まります。

自己処理の前にはお肌を保護しましょう

カミソリでムダ毛の事前処理をする前には、なるべくワセリンやシェービングローションで肌を保護しましょう。保護せずに剃毛をすると、角質が大きくはがれてしまいお肌のバリア機能が低下します。バリア機能には紫外線や花粉などの外部刺激からお肌を守ったり、肌内部の保湿力(水分蒸発)を防ぐ役割がありますが、バリア機能が低下する事で乾燥しやすく、紫外線の影響を受けやすくなります。

脱毛後も保湿ケアが重要

脱毛後もしっかり保湿ケアをしましょう。光脱毛やレーザー脱毛を受けるとお肌が熱を持ち、お肌が乾燥しやすくなります。このままの状態で放置していると、お肌の乾燥がひどくなり、敏感肌になってしまいます。

それから、カミソリや除毛クリームなどで脱毛した後も保湿ケアが重要です。脱毛後はお肌が弱くなっているので、しっかりと保湿ケアをしてお肌保護をしましょう。また、お肌が弱っているので刺激が少ない保湿化粧品やワセリンで保護してください。ワセリンには潤いを与える働きはありませんが、添加物を含まず低刺激なので、お肌に刺激を感じるときによいです。

紫外線に注意

脱毛後お肌が弱くなっていて、普段よりも紫外線の影響を受けやすくなっているので、紫外線を防ぐようにしましょう。無防備に紫外線を浴びると赤みが強く出たり、シミが残る恐れがあります。脱毛直後のお肌に日焼け止めは刺激になるので、なるべく外に出ないようにするか、長袖や日傘で紫外線から大切なお肌を守る様にしてください。

以上のように保湿ケアはとても重要になります。保湿ケアを怠ると肌トラブルの原因にもなりますので、しっかりと行うようにしましょう。

脱毛の施術の後は、肌内部に熱がこもっているので乾燥しやすい状態にあります。ですから、しっかりと保湿してあげて肌に潤いを与えてあげるようにしましょう。

全身脱毛おすすめサロン人気ランキング