医療機関のレーザー脱毛で顔脱毛をする危険性

laser-kao

医療レーザー脱毛と言えば、永久脱毛と言う事で多くの女性に人気がありますが、医療レーザー脱毛は顔の施術も可能なのでしょうか?

顔と言えば女性にとって、とても重要な部位で、少しでも傷や火傷の跡が残ってしまうと取り返しがつかなくなってしまいます。医療レーザー脱毛は、エステサロンのフラッシュ脱毛と比較しても出力が相当強くなりますので、当然肌への刺激も強くなってしまいます。

このように刺激の強い医療レーザー脱毛で顔の脱毛をする事は危険ではないのでしょうか。今回は、医療レーザー脱毛で顔脱毛をする危険性について解説していきたいと思います。

医療レーザー脱毛で顔の脱毛はできるのか

医療レーザー脱毛で顔の脱毛をする事は基本的には可能です。もちろん、医療機関の中には顔脱毛をしていない美容外科やクリニックもありますが、顔脱毛を取り扱っている医療機関もたくさんあります。

最近の医療機関でのレーザー脱毛は、肌への刺激が少なく安全なのですが、レーザー光線を顔に照射する事になるので、絶対に安全とは言い切れないのも事実です。これは、医療レーザー脱毛に限った事ではなくエステサロンのフラッシュ脱毛にも同じ事が言えるのですが、エステ脱毛の場合は出力が弱いのでそこまでの危険性はないでしょう。

しかし、医療レーザー脱毛の場合は、それなりの照射力があるので、万が一の事態も考えておかないといけないと言うのが正直なところです。

医療レーザー脱毛で顔脱毛をするメリットとデメリット

最近は顔脱毛が当たり前になってきました。全身脱毛のコースには必ずと言ってもいいほど含まれています。

しかし、医療レーザー脱毛の場合、顔にレーザー光線を照射するのは少し恐いと思っている方も少なくはないのではないでしょうか。

エステ脱毛であっても医療レーザー脱毛であっても、顔脱毛は女性にとってたくさんのメリットもあるので、人気がありますが、逆にデメリットもあるのでそれぞれについてみていきましょう。

医療機関での顔脱毛のメリット

  • 産毛がなくなるので化粧のりが良くなる
  • 毛穴が引き締まり美肌効果がある
  • シミやくすみにも効果がある
  • 肌の色がワントーン明るくなる

顔にはたくさんの産毛があります。また女性であっても、男性のようにヒゲが生えていると言う方もたくさんいます。しかし、顔脱毛をする事でこれらの悩みは解消され、ワンランク上のキレイな女性に生まれ変わる事ができるのです。

顔脱毛をする事でキレイな顔になり、自分に自信を持てるようになったと言う人もたくさんいます。

医療機関での顔脱毛のデメリット

  • 痛くて耐える事ができない
  • やけど等の恐れがある
  • 肌がただれてしまい肌トラブルを起こす可能性がある

医療機関での顔脱毛は、特に照射力が強い為、肌がもともと弱い方や敏感肌の方は上記のような危険性もあります。

しかし、施術を行うのは医師免許を取得している専門の医師なので、上記のような事が無いように細心の注意を払って施術を行ってくれるので安心と言えば安心です。

それに、万が一の事があってもそこは医療機関なので、すぐに対処もできますのでより安心なのではないでしょうか。

ただし、上記のようなデメリットもあると言う事は、理解したうえで医療レーザー脱毛での顔脱毛をはじめた方が良いでしょう。

医療機関の全身脱毛おすすめのご紹介!レーザー脱毛で永久脱毛

以上のように、医療機関のレーザー脱毛でも顔脱毛をする事は可能なのですが、やはり危険性はないとは言い切れないのも事実なのです。

これは、医療機関のレーザー脱毛に限った事ではなく、エステサロンのフラッシュ脱毛でも同じなのですが、照射力の強さから見ても、圧倒的に医療レーザー脱毛の方がリスクは大きいと言えるのでしょうか。

それを証拠に、ほとんどの医療機関では顔脱毛を含んでいないコースも用意しています。危険性があると言う事と、医療機関での顔脱毛は恐いと言う思いがあるので利用しない方も少なくはないと言う事です。

顔から下は医療レーザー脱毛で行って、顔の脱毛はエステサロン等で行うと言う人も珍しくはありません。いずれにしても、医療機関で顔脱毛をするのでしたら、上記のような危険性もあると言う事は憶えておきましょう。

全身脱毛おすすめサロン人気ランキング