医療機関のレーザー脱毛は麻酔を使える

iryou-masui

医療機関のレーザー脱毛は相当な痛みを伴います。

ですから、医療脱毛をはじめた方でも、実際痛みに耐える事ができずに途中で挫折してしまうと言う方も少なくはないのです。

しかし、医療脱毛と言うだけあって、医療機関で行っているものなので、実は「麻酔」を使用する事ができるのです。

この麻酔を使用しての施術の場合は痛みに耐える事はできるのでしょうか。

医療脱毛の麻酔は意味があるのか

医療機関のレーザー脱毛は激しい痛みの為、麻酔を使用して施術を受ける事ができます。もちろん費用は別途必要になりますが、痛みに耐える事ができずに施術を受けれないよりは、麻酔を使用してでも脱毛したいと言う方も少なくはありません。

しかし、麻酔を使用する事で全く痛みを感じなくなるのでしょうか?

もし、これから医療機関のレーザー脱毛をはじめようと検討している方で、「麻酔があるから大丈夫」と思っている方が居ましたら要注意です。

確かに、麻酔を使用する事で痛みは和らぎますが、あくまでも「表面麻酔」になりますので、完全無痛になる事は無いのです。

医療脱毛で使用する麻酔について

医療機関では施術時の痛みが強い為、別途料金を支払うと「麻酔クリーム」や「麻酔テープ」を使用して表面麻酔をしてくれます。

麻酔と聞くと完全無痛になると思っている方も少なくはないと思いますが、実はそうでもないのです。

医療機関で行われているレーザー脱毛は、毛根を刺激する方法なので毛根まで熱が届く仕組みとなっています。

毛根にレーザー光線を当てる事で毛根自体が死滅して二度と毛が生えてこないようにするのが医療レーザー脱毛です。

つまり、相当な出力でのレーザー光線が毛根の奥まで届くのでなかなかの痛みを伴う事になるのです。

そこで、麻酔クリーム等の出番となるのですが、あくまでもこれらの麻酔は「表面麻酔」になるので、毛根の奥までは効果が無いのです。

どういう事かと言いますと、歯科医院で神経治療等をするときの事を思い出してほしいのですが、歯科医院では抜歯や神経治療を行う際は麻酔を使用します。

その時の麻酔方法は、まずは表面麻酔を行います。そして、5分ほど放置して次に注射器等で歯茎に麻酔を打っていきます。そしてさらに5分ほどおいてもう一度注射器で麻酔を打ってからやっと治療を行います。

このように、何度も回数を重ねて、深いところまで麻酔を打つことで完全無痛で神経治療を行う事ができるのですが、医療脱毛の場合はそうではありません。

医療脱毛の場合は、初めの表面麻酔だけで終わりなのです。

表面麻酔は基本的に、皮膚の表面から「約0.3mm」程度の深さまでしか麻酔が効かないと言われています。

そして、人間の毛根の深さは腕や脚などの薄い毛の部分で「約2mm」、ワキやVIOなどの毛が濃い部分で「約3.5mm」と言われています。

つまり、毛根の奥まで刺激を与えるので、麻酔クリームや麻酔テープだけの表面麻酔だけでは、完全無痛の施術を受ける事はできないと言う事になるのです。

要するに、医療機関のレーザー脱毛は麻酔をしても痛みはあると言う事になるのです。痛みが軽減される事は確かなのですが、完全無痛の施術は難しいと言う事です。

では、「歯科医院の用に何度も麻酔を重ねて行えば!」と思うかもしれませんが、範囲が広すぎてそのような方法はできないのです。

ですから、これから医療機関でレーザー脱毛をはじめようとしている方で、「麻酔があるから全然平気」と思っていると大変なことになってしまうのです。

とは言っても、麻酔なしで施術を受けている人も居ますし、表面麻酔を使用してなら大丈夫と言う人も居るので、そこまで心配をする必要もないのではないでしょうか。

人はそれぞれ痛みの耐性が異なりますので、耐えれる人と耐えれない人が存在するのです。

ですから、医療機関のレーザー脱毛をはじめる際は、麻酔と言う言葉に安心するのではなく、まずは体験コース等で痛みに耐えれるか試してみる事をおすすめします。

湘南美容外科クリニックでは、「両ワキ脱毛5回1,000円」で受けれるので、このようなサービスを利用すると、痛みも分かりますし、脱毛効果も経過観察する事ができるのでおすすめです。

医療機関でのワキ脱毛の痛みに耐える事ができれば、全身脱毛しても大丈夫でしょう。ただし、一番痛い箇所は「VIO」になりますのでご注意ください。

医療脱毛の麻酔の費用について

医療機関では脱毛の施術の際に麻酔を使用する事ができるのですが、別途費用が必要になります。

医療脱毛をはじめて痛みに耐える事ができない場合は、麻酔を使用して施術を受ける事になるのですが、この麻酔費用も何度も重ねると馬鹿にならないので、一般的にどれぐらいの費用がいるのか憶えておきましょう。

医療機関の脱毛の場合は、「保険適用外」になるので、麻酔費用がまともにかかってきます。

一般的な麻酔費用は、医療機関にもよるのですが「1回2,000~3,000円」になります。

つまり、6回の施術であれば「12,000~18,000円」必要になると言う事です。脱毛にかかる費用にプラスお金が必要になってくるのです。

以上のように、医療機関のレーザー脱毛を受ける際は、麻酔を使用する事ができます。

しかし、麻酔を使用したところで完全無痛にはならないので、少々痛みが残ってしまうと言う事です。ですから、痛みに敏感な方の場合は、医療レーザー脱毛の施術を受ける事は正直難しいのではないでしょうか。

それに、麻酔を使用する場合は、別途料金が必要になってきますので、予算の兼ね合いもあると思いますので、医療機関で脱毛をはじめる際は資金計画をしっかりするようにしましょう。

医療機関の全身脱毛おすすめランキング