医療機関のレーザー脱毛は生理痛でも施術可能なのか

iryou-seirituu

医療機関のレーザー脱毛で全身脱毛を受ける場合は、「生理中」でも施術を受ける事は可能なのでしょうか?

医療レーザー脱毛は、エステサロン等の脱毛と同じで、毛周期に合わせて施術を行っていきます。したがって、予約している日がたまたま生理痛と重なってしまうと言う事も稀にあるのです。

生理周期が安定している方でしたら、予約日をずらせば何の問題もないのですが、生理不順の方もそこそこ多く居ますので、なかなか予測できない場合もあります。

このような場合、生理中でも医療機関のレーザー脱毛を受ける事は可能なのでしょうか?

生理中の医療機関の対応について解説していきますので、是非参考にしてみてください。

生理中の施術に対しての医療機関の対応

結論から言いますと、医療機関のレーザー脱毛は基本的に「施術可能」となります。

ただし、生理中はホルモンバランスが乱れているので、肌がとても敏感な状態にあります。ですから、普段の施術よりも痛みを強く感じてしまう場合もあるのです。

また、肌が敏感な為施術後のケアを怠ったりすると炎症などを起こして肌トラブルの原因になってしまったりする事も少なくはないのです。

ですから、生理中であっても基本的には医療レーザー脱毛を受ける事はできるのですが、医療機関側としてはあまりおすすめはしていません。

また、クリニックによっては「生理中の施術は不可」と言う場合もありますので、初めのカウンセリング時に確認しておきましょう。

生理が近づいてきたリ、生理痛になると、肌の状態が悪くなり、ニキビができたり肌が乾燥してボロボロになってしまうと言う方は、肌への影響が大きくなるので、生理中の施術はしない方が良いでしょう。

もし予約日と生理痛が重なってしまう場合は、事前に医療機関(クリニック等」に連絡をして、予約日をずらしてもらうようにしましょう。

VIO脱毛は基本的にNG

上記で生理期間中でも医療レーザー脱毛を受ける事は可能と言いましたが、「VIO(ハイジニーナ)脱毛」に関しましては、ほとんどの医療機関で施術を受ける事はできません。

生理中のVIO脱毛に関しましては、衛生的にも問題がありますので、基本的には施術を受ける事ができません。こちらに関しましては、医療機関だけの問題であなく、エステサロンの全身脱毛でも同じ事が言えます。

ですので、VIO脱毛以外の施術を受けると言う場合でしたら可能なのですが、VIO脱毛もコースに含まれているので併せて施術を受けたいと言う場合は、予約日をずらしてもらうようにしましょう。

また、生理痛に関わらず体調が良くない場合は、医療機関に相談して施術日の変更をするようにしましょう。体調がすぐれない時は、ホルモンバランスが不安定になっているので基本的に施術を受けない方が良いでしょう。

肌トラブルの原因にもなりますし、体調がさらに悪化してしまう恐れもありますので、体調不良の日は無理をして施術を受けるのではなく、安静にするようにしましょう。

各医療機関でのカウンセリング時にも必ず言われますが、体調不良の時は施術不可になるのが当たり前なので、無理をしてクリニックに通ったとしても施術を断られてしまう場合もあります。ですから、体調不良の時は無理をしないようにしましょう。

以上の用に生理痛の時でも基本的には医療レーザー脱毛を受ける事は可能なのですが、VIO脱毛は不可と言う場合が一般的になります。

あた、生理中はホルモンバランスが乱れているので肌トラブル等の原因になったり、いつも以上に痛みを感じてしまう事もありますので、できる事なら予約日の変更をするようにしましょう。

医療機関の全身脱毛おすすめランキング