肌の健康を守る為の日焼け後のケアについて

hiyakeato-care

全身脱毛をして美肌を手に入れるには、紫外線対策や日焼け後のケアがとても重要になってきます。特に紫外線の強い夏場はしっかりと日焼け後のケアが必要になってきます。今回は女性の天敵でもある日焼けについて知っておいた方が良い事や、日焼け後のケア方法や予防法について解説していきたいと思います。

自分の大切な肌を守って健康な肌を手に入れる為にも是非参考にしてみてください。

日焼けについて

人間の皮膚は「表皮・真皮・皮下組織」の3つの層からできています。また、皮膚の中には紫外線から肌を守る為のメラニン色素が含まれています。私たちは日光を浴びる事によってメラニン色素が生成されて、皮膚内部に沈着する事で皮膚が徐々に黒くなってくるのです。

皮膚が紫外線を浴びると角質層を抜けて内部に侵入しようとしますが内部に入ってこようとする紫外線に対しては、メラノサイトと呼ばれる細胞が反応してメラニン色素を生成して紫外線から肌を守ろうとします。要するにメラニン色素は紫外線等から肌を守る為に生成されていると言う事なのです。

日焼けは見方によっては健康的に見えますが、実はやけどの一種で医学的には「日光皮膚炎」とも呼ばれているのです。日焼けは日光を浴びた後に肌が赤く炎症を起こす「サンバーン」と、黒や褐色になる「サンタン」があり、特にサンターンは紫外線が皮膚の細胞に傷を付けていると言う事が分かっているのです。

いずれにしても日焼けをする事は、私達人間の皮膚にとっては良い事ではないのでしっかりとUV対策をして紫外線から自分の大切な肌を守るようにしましょう。

日焼け後の正しいケア

上記で説明した通り日焼けは私達人間にとって良い事ではありません。ですから、日焼けをしてしまった場合はその後のケアが重要になってくるのです。上記でも述べましたが日焼けは軽いやけどになりますので、しっかりとケアして肌の炎症を抑える事が大切なのです。

日焼けをした後の肌はやけどと同じような状態になっていますので、まずはしっかりと肌を冷やしてあげてください。それから、日焼け止めを塗っていたり、皮膚に汚れが付着している場合はしっかりと洗い流してください。そして、日焼け後の肌は非常に敏感になっていますので、極力洗顔料やボディーソープ等は使用せずにシャワーだけで済ませるようにしましょう。

どうしてもボディーソープ等を使用したいと言う場合は、ゴシゴシこするのではなくて、手のひらでしっかりと泡立ててから優しく手で撫でるように洗いましょう。

そして、日焼け後の肌は乾燥していますのでしっかりと保湿ケアをするようにしましょう。この時に化粧水だけでなく保湿効果の高いローションでしっかりと潤いを与えてあげると良いでしょう。また、冷えたローションを使用する事でクールダウン効果もあるのでなお良いでしょう。

皮が剥がれてきたら

日焼けしすぎると皮が剥がれてくることもありますが、これは紫外線によって表皮細胞が死んでしまっていると言う事になります。細胞や遺伝子もダメージを受けているので、表皮細胞が死んでしまう事で新しく健康的な皮膚と入れ替わる為に皮が剥がれているのです。

一般的には日焼けをした肌は元の状態に戻るまでに「約1ヶ月」程の期間が必要と言われております。日焼け後に皮が剥がれてくるときは、自分で剥がそうとせずに自然に剥がれるのを待ちましょう。特に、痛みを感じている様な状態の時は皮膚の再生が完了していませんので注意が必要です。見た目は悪いかもしれませんが無理にはがそうとすると角質層を傷めてしまい傷跡が残ってしまう可能性もあります。

また、皮が剥がれようとしている際の入浴時は、なるべくタオル等でゴシゴシ体を洗うのではなく、ボディーソープを手のひらで泡立ててから、手のひらで優しく撫でるようにして洗うようにしてください。

日焼けの予防法について

6月から10月頃の間は非常に日差しがきつく紫外線が多くなります。特にこの時期は徹底してUV対策をして紫外線から大切な肌を守る必要があります。基本的なUV対策の方法としましては、日焼け止めクリームをしっかりと塗ると言う事がポイントとなります。

しかし、夏場は汗をたくさんかいてしまうので朝付けた日焼け止めクリームも流れ落ちてしまいます。ですから、朝付けたからと言って安心するのではなく、朝、昼、夕と塗り直せるときにしっかりと塗り直しをするようにしましょう。また、日焼け止めクリームの他にも帽子やサングラス、日傘と言った日焼け防止グッズも活用してしっかりとUV対策を行うようにしましょう。

それから、日焼けによる肌の炎症を抑える為の「リコピン・βカロチン・ビタミンE」等の酸化防止作用のある食材も積極的に取り入れる事をおすすめします。これらを摂取する事で、紫外線によるダメージから大切な肌を守る事ができますので意識して摂りいれるようにしてください。

脱毛をするときは日焼けは絶対NGです。なぜなら、脱毛の原理はメラニン色素に反応して脱毛効果を得ると言う方法になるからです。日焼けで黒くなってしまった肌に光を照射すると、毛根に届く前に肌が反応してしまいやけど等の肌トラブルの原因となるからです。ですから、脱毛前後の日焼けには十分注意するようにしてください。

万が一日焼けしてしまった場合は、上記で説明しました日焼け後の正しいケア方法をお試しください。また、夏場は特に紫外線がきつくなりますので、しっかりとUV対策をして日焼け予防するようにしてください。特に脱毛を検討している方は注意するようにしましょう。

おすすめ全身脱毛サロン人気ランキング