埋没毛の原因

maibotsumou

剃刀や毛抜きを使用してムダ毛の処理をしていると、「埋没毛」の原因になります。

埋没毛と言う言葉をご存知でしょうか?埋没毛とは、肌の表面に顔を出すことなく、肌内部で毛が成長してしまう症状の事を言います。

この埋没毛は、見た目だけが悪いだけではなく、場合によっては痛みを感じる事もあります。この埋没毛があるだけで、見た目の美しさが損なわれるだけで、女性としての魅力を半減させてしまう事でしょう。

埋没毛ができる過程

埋没毛げできてしまう原因は、「剃刀」や「毛抜き」を使用したムダ毛の自己処理にあります。

剃刀で肌表面を傷つけたり、毛抜きで無理矢理毛を引き抜いたりする事で、肌を傷めてしまいます。特に、毛抜きで毛を無理に引き抜くと、毛穴に大きな穴が空いてしまいます。

この、穴が空いてしまった毛穴からは、大気中の雑菌が入ってしまい、炎症を起こす事もあります。

また、この大きく空いてしまった毛穴を塞ごうと人間本来の再生機能が働き、さらに強い皮膚に生まれ変わるのです。

毛穴周りの皮膚が、以前よりも強い皮膚に再生される事で、次に生えてくる新しい毛が、皮膚を破って肌表面に出る事ができずに皮膚内部にとどまってしまう事で、埋没毛ができてしまうのです。

以上が、埋没毛ができてしまう過程となります。これは、毛抜きだけに限らず、剃刀でも同じ事が言えます。

基本的に人間に皮膚は、一度傷ていてしまうとさらに強くなるようになっています。これは、弱い部分を守ろうとする原理が働く為で、経験があると思いますが、転んで擦りむいたりした場合でも、その部分の皮膚はさらに分厚く再生されるのです。

より皮膚が分厚くなっても、肌内部では毛根は生きている為、新しく毛が生えてきます。毛根が生きている以上は、けは成長しますので肌表面に出る事ができなくても、肌内部で成長してしまうのです。

埋没毛ができた場合の対処法

埋没毛ができてしまった場合の対処法は、皮膚科などの病院に相談する事です。

埋没毛ができたからと言って、皮膚を破って無理に抜こうとせずに、病院に相談してください。

針や毛抜きを使って、無理に抜く人もいますが、そうすると大切な肌に傷跡が残ってしまいます。ですから、埋没毛に気づいたら、迷わず皮膚科等を受診するようにしましょう。

埋没毛を予防するには

埋没毛は見た目が悪く、できてしまうととても厄介です。ですから、なるべくなら埋没毛を作らないようにしなければなりません。

とは言っても、どのように埋没毛を予防すれば良いのでしょうか?

埋没毛の予防に一番の方法は、「剃刀や毛抜きを使用しない」と言う事に限ります。

つまり、肌に刺激を与えてしまうムダ毛の自己処理をしないようにしましょうと言う事です。ではムダ毛処理はどのように行えばよいのでしょうか?

その答えは、プロのエステティシャンの方に脱毛してもらうと言う方法です。

全身脱毛でなくても、ワキや腕などの目立つ部位だけでも、エステサロンなどでプロの方に脱毛してもらう事をおすすめします。

家庭用脱毛器を使用すると言う方法もありますが、家庭用脱毛器ではやけどなどの心配もありますので、あまりおすすめはできません。フラッシュ脱毛の知識が少しでもあるのでしたら問題はないのですが、ほとんどの方は脱毛に関しては素人だと思います。

ですので、プロのエステティシャンが居るエステサロンで脱毛を受ける方が良いでしょう。

最近のエステサロンは、全身脱毛でも月額制で受ける事ができ、安いサロンでしたら5,000円以下で全身脱毛をはじめる事ができます。ですから、肌トラブルを起こしてしまう前に、エステサロンで脱毛をはじめた方が、埋没毛もできずにムダ毛処理ができるので安心です。

以上が埋没毛の原因であり、対処法であります。埋没毛はできてしまうと厄介なものなので、なるべくならできないように前もって予防しておく事が美肌をキープする為のポイントとなります。

万が一埋没毛ができてしまった場合は、自分で何とかするのではなく、必ず皮膚科等に相談するようにしましょう。

また、埋没毛で嫌な思いをした事がある方なら分かると思いますが、埋没毛を作らない為にもエステサロンなどで全身脱毛を受ける事をおすすめします。

埋没毛についてもっと詳しく知りたい方はこちら

おすすめ全身脱毛サロン人気ランキング