本当は怖いカミソリのムダ毛処理

kamisori

自己処理をする方法はいくつかありますが、女性なら色んな方法を試されたという人が多いのではないでしょうか。
今すぐにキレイにしたい!という時に自己処理は手っ取り早くていいのですが実は危険も潜んでいます。

剃刀の自己処理トラブル

入浴中などに気になった時に自己処理で便利なのが剃刀です。ボディソープなどをつけて、すいすいと剃るだけであとはシャワーで洗い流せばいいのですから簡単です。ですが実際は剃刀の自己処理には色々なトラブルがある事をご存知でしょうか。

安全カミソリは刃にガードがついているので皮膚を切る事は少ないのですが、ムダ毛を肌ぎりぎりまで剃りたい時には向いていません。ガードのついていない剃刀がよりムダ毛をきれいに剃れるのですが、皮膚を切る事や傷をつけてしまう事も多いです。特にボディソープなどをつけていると刃の滑りが良くなって誤って切ってしまうという事が良くあります。

またお風呂場に置きっぱなしの剃刀を使うと、雑菌が繁殖していて傷ついた肌から菌が入り炎症を起こす事もよくあります。一度使ったカミソリは劣化していますので切れ味の悪い刃物を使う事も肌に傷をつける原因になります。切れ味が悪いからと何度も剃刀をお肌に当てる事はお肌の角質を削り取る事になりますのでお肌にとってい良い事は1つもありません。

切れ味の悪い剃刀を使うとどうなる?

剃毛する時に何もお肌に塗らずに自己処理をすると、剃刀で剃った後に白い粉が吹くのを見た事はないでしょうか。実は、これは剃刀でそぎとった角質層なのです。角質層は自然に剥がれ落ちる分は良いのですが、無理やりはいでしまうとお肌のバリア機能を低下させてしまいます。

カミソリなどでムダ毛の自己処理し続けるうちにお肌がカサカサと乾燥してキメも乱れてしまいます。また、過剰に角質が奪われる事で、今度は過剰に角質層が盛ってしまいます。こうなると次に生えてきたムダ毛が埋没毛と呼ばれる皮膚の下に埋まった毛になってしまう事がよくあります。

これは足のすねなどに起こりやすい症状で、毛抜きで抜く事でもよく出来てしまいます。見た目もあまり良くありませんし、これを無理やり引っこ抜こうとしてお肌を破ることは、またお肌の状態を悪化させる事にしかなりません。

脱カミソリで綺麗なお肌へ

急いでいる時は自己処理は確かに手軽ではありますが、ずっとカミソリでムダ毛を処理し続ける事はお肌への負担をかけ続ける事になります。脱毛エステサロンならこのお肌へ負担をかける自己処理から解放されます。1度で完全にムダ毛がなくなるわけではありませんが、通ううちに少しずつ細く弱くなっていきます。

埋没毛のような毛にもレーザーは効果がありますので、負担をかけることなく脱毛する事ができるのです。お肌にずっとストレスをかけながら自己処理をするのもいいですが、一度エステサロンでつるつるのお肌になって、このムダ毛の自己処理の悩みから解放されるのも良いのではないでしょうか。

毎日カミソリで剃毛をしていると分かりにくいのですが、写真を撮って経過観察をしてみると、お肌の色が少しづつ変化していっている事が良く分かると思います。自分のお肌が少しづつ色素沈着で黒ずんで行く様子が目に見えて分かるので一度試してみてください。

色素沈着を防ぐには、脱毛サロンなどで脱毛をして、自分でしっかり守る様にしましょう。

全身脱毛おすすめサロン人気ランキング