紫外線が肌に与える影響について

shigaisen-eikyou

全身脱毛を受ける事で毛根から毛がなくなってしまうので、毛穴が目立ちにくくなり肌がきめ細かくなって美肌を手に入れる事が可能です。しかし全身脱毛をして美肌になったからと言って安心するのではなく、脱毛以外でもしっかりとスキンケアをする事が美肌を保つ秘訣になります。

特に肌に悪影響を及ぼす紫外線から肌を守る事が重要で、しっかりとUV対策を行う事が重要になってくるのです。今回は紫外線が肌に与える影響や紫外線に対する予防対策について解説していきたいと思いますので、いつまでも美しい肌で居たいと言う方は是非参考にしてみてください。

紫外線が肌に与える影響とは

紫外線は人間の目では見る事ができませんが、確実に肌には悪影響を及ぼしています。有害とされる紫外線の内人間の肌に届く紫外線は「UVA」と「UVB」があります。このうちのUVAが地上の紫外線の多くを占めていると言われています。

UVAは日差しを浴びた皮膚を黒くする種類の紫外線で、メラノサイトを活性化させてシミの原因となるメラニン色素を生成する作用があります。しかも、肌の真皮にまで侵入してきて肌の潤いや弾力を作っているコラーゲンやエラスチンを減少させてしまうのです。

UVBは肌の表面にダメージを与えると言われており、日差しを浴びた後に肌が赤くなり、炎症を起こしてメラニン色素を増殖させる作用があります。

以上の事から紫外線を浴びる事で肌に与える影響は、シミの原因になると言う事が分かります。シミだけではなくて、くすみやそばかすも紫外線の影響を受けてできる事が分かっているのです。

紫外線量は季節によって異なります

紫外線量は季節によって異なります。多くの方は日差しのきつい真夏が一番紫外線量が多いと思われていると思いますが、実はそうでもないのです。もちろん7~8月の真夏と言われる季節は紫外線量が多いのは言うまでもありませんが、5月や6月の春、9月や10月の秋口も紫外線量はおおくなります。

秋口から春にかけてはそれほど日差しが強くないので紫外線対策が手抜きになりがちですが、秋、冬、春でもしっかりと紫外線の影響を受けますので、徹底的にUV対策をしておいた方が良いでしょう。特に春先である3月頃から紫外線量は徐々に多くなっていきますので、冬の乾燥で弱っている肌は紫外線の影響を受けやすくなっているので、しっかりと日焼け止めクリームやUV対策グッズ等を活用して紫外線から肌を守るようにしてください。

それから、季節によって紫外線量が異なるのですが、1日の時間帯によっても紫外線量は異なります。特に10~14時頃が最も紫外線料が多くなりますので、日焼け止めクリームを塗り直すなどしてしっかりと対策するようにしましょう。

紫外線の影響による光老化とは

肌の老化現象の一つに「光老化」と呼ばれるものがあります。光老化とは、紫外線の影響によって肌が老化してしまう現象の事を言います。特に紫外線を浴びる事の多い露出部分の老化の原因は、多くが光老化だと言われています。それぐらい紫外線は肌への悪影響が大きく、美肌の大敵だと言う事なのです。

光老化とは紫外線の影響で真皮にあって皮膚の張りを保つ弾性線維が破壊されてお団子状態になる「光線性弾性線維症」と言う変化が起こる事です。

加齢が原因で肌機能や新陳代謝が落ちる事で起こる老化現象を「生理老化」と言いますが、生理老化の場合はすこしずつ皮膚が薄くなっていくのに対して、光老化の場合は徐々に皮膚が分厚くなっていきます。紫外線を防ぐために厚くなった皮膚がシミやシワとなって肌表面に現れてくるのです。

簡単にできる紫外線対策

紫外線対策は思っているほど難しい事ではなくとても簡単に行う事ができます。小まめに紫外線対策を行う事で数十年後の肌の状態は大きく変わってきます。しっかり紫外線対策を行ってシミやくすみ、シワの原因である光老化から肌を守りましょう。

日焼け止めクリームを塗る

紫外線の影響を受けるのは夏だけではなく1年中紫外線の影響を受けています。日焼け止めクリームを塗るのは夏だけと言う人も多いと思いますが、冬から春にかけても小まめに日焼け止めクリームを塗ることをおすすめします。特に夏場は汗をかきやすくすぐに日焼け止めクリームが流れ落ちてしまいますので、こまめに塗り直すように心がけましょう。

冬場まで日焼け止めクリームを塗るのが面倒と言う場合は、UV対策用の化粧下地等もありますので、紫外線量の少ない冬場等はそういったものを活用すると良いのではないでしょうか。

紫外線対策グッズを活用する

紫外線対策グッズはたくさんあります。日焼け止めクリームはもちろんなのですが、例えば「サングラス・帽子・日傘・長袖・UVカット対策の衣服」等を活用することで紫外線の影響を受けにくくする事ができます。その他にも車の運転時はアームカバーで紫外線から肌を守るようにしましょう。

曇りの日や室内でも要注意

紫外線でもUVAは雲や窓ガラスも突き抜けて肌に届きます。ですから、曇りの日や外出しない日でもしっかりと紫外線対策をするようにしてください。室内にいる時は、UVカットフィルムを窓に貼ったり、曇りの日に外出する際は晴れの日同様にUV対策をする事をおすすめします。

以上のように紫外線は目に見えるものではありませんが、確実に私たちの肌へ悪影響を及ぼしています。しっかりと小まめにUV対策をする事で、数年後、数十年後の肌の状態は変わりますので、しっかりと紫外線対策をするようにしてください。

せっかくキレイに永久脱毛しても光老化でシミやシワだらけの肌だと美肌とは言えませんね。ですから、面倒がらずに小まめにUV対策をするようにしましょう。

おすすめ全身脱毛サロン人気ランキング