全身脱毛とワキガについて

wakiga

よく「脱毛を行うとワキガになる」と言われていますが、これは、大きな間違いです。決して、脱毛を行ったと言う事で、ワキガになったり、ワキガがひどくなると言った事はありません。

では、なぜ、このような事が言われているのでしょうか?

ワキガとは?

まず、ワキガについて、知っておく事が大切です。ワキガとは、ワキの辺りから、アンモニア臭や酸っぱい臭いが特徴となっており、原因はアポクリン汗腺からでる汗にあると言われています。

人間は、誰しも、汗をかき、少なくとも汗の臭いは発生します。しかし、ワキガの場合は、そんな一般的な汗の臭いではなく、ワキガ特有の臭いを発生させ、また、遺伝性が非常に強いと言われています。

全身脱毛をしたからと言ってワキガが酷くなる事はない

全身脱毛を行うと言う事は、ワキの毛もキレイに脱毛済みと言う事です。そして、ワキの毛を脱毛する事で、ワキ全体が風通しの良い状態となります。その結果、ワキが蒸れずに衛生的に保つ事が可能になってきます。

ワキガは、雑菌の増殖にも原因があります。そんな、雑菌の増殖に欠かす事の出来ない蒸れた状態を回避する事ができる為、言いかえれば、脱毛を行ったワキは、ワキガの原因を抑える事ができる状況にあると言う事が言えるのです。

その他、菌の増殖を抑える事ができる事から、ワキが汗をかいても、臭わず、ワキ全般の臭いを気にする事なく生活する事ができると言われているのです。

なぜ全身脱毛を行うとワキガになると言われているのでしょうか?

全身脱毛を行う事で、ワキガになると言われている主な理由は次の通りです。

まず、ワキの毛がなくなる事で、ワキの毛が汗を吸収する事がなくなります。その結果、ワキから出た汗は、そのまま衣服に染みるようになる他、流れ落ちる場合も考えられます。

すると、脱毛を行った事で汗の量が増えたと勘違いしてしまうのです。そして、気にするがあまり、ワキの臭いにも敏感になり、ワキガになったと勘違いする事が多くなってしまうのです。

結果的に、全身脱毛を行う事でワキガになると言われている事は、基本的には本人の勘違いになっています。

ワキの毛がなくなり、ワキに汗をかきやすい状態になる事で、その汗の量を気にするばかりに、臭いにも敏感になってしまうのです。

基本的には、脱毛を終えたワキは、雑菌の増殖も少なくなる為、ワキの臭いがきつくなると言った事は、考えにくいので、ワキガについて心配する必要もありません。

全身脱毛おすすめサロン人気ランキング